TOMOKO MUKAI | raumraum

 

Works | Biography[Japanese][English]

向井知子 | 映像空間演出 | アート・ディレクション | モメント・デザイン | ワークショップ・デザイン | デザイン&アート・エデュケーション
言語 | 日本語、ドイツ語、英語

人びとが、日々の暮らしの延長上に、 ふとした瞬間、大切なことを思い出したり、思索にふけったりできる。そのような場所・空間づくりとして、 地域の歴史・文化的拠点での映像空間演出、 美術館・博物館等での映像展示デザイン、 音楽やパフォーマンスのための映像演出等に取り組んでいます。

日常の身近な場所で使ったり、眺めたりして、 すっきりとした、やわらかい気持ちになれる、 ささやかな美しい瞬間(モメント)を提供する。動画から切り出すモメント・イメージの創作も行なっています。

これまで国内外の様々な大学で、 専任教員、非常勤講師、研究員として、 デザイン・アート教育に関わり、授業やワークショップを展開してきました。また、大学美術館研究員であった経験も生かし、映像演出を取り入れた文化財展示デザイン、地域・教育機関・美術館などと連携し、 分野や世代をこえて参加できるワークショップ・デザインを提案・実践しています。

学歴

1991.03   武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科卒業
1996.12   ケルンメディア芸術大学大学院視聴覚メディア学研究科修了

奨学金・研修歴

1993.10-1995.09   ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生
2000.06-2001.03   平成12年度文化庁芸術インターンシップ研修員 [受入先: 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科]

教員・研究員歴

2000.04-2002.03   東京造形大学デザイン学科メディア造形専攻非常勤講師
2000.10-2001.03   大阪市立大学文学部比較言語文化講座表現文化コース非常勤講師
2001.04-2002.03   女子美術大学芸術学部メディアアート学科非常勤講師
2001.04-2002.03   多摩美術大学美術学部情報デザイン学科臨時講師
2001.04-2004.03   東京藝術大学大学美術館美術情報研究室非常勤講師
2002.04-2007.03   多摩美術大学美術学部情報デザイン学科非常勤講師
2004.04-2005.03   東京藝術大学大学美術館美術情報研究室常勤助手(現行助教)
2005.04-2008.03   日本大学藝術学部デザイン学科コミュニケーションデザインコース専任講師
2008.04-2018.05   日本大学藝術学部デザイン学科准教授
2017.04-2017.10   ドイツ・ケルン技術芸術科学大学 インターナショナル・スクール・オブ・デザイン(KISD/TH) 客員研究員[特別講義 ドイツ・ケルン技術芸術科学大学(KISD/TH)、ドイツ・ベルリン芸術大学(UdK)、ドイツ・デュッセルドルフ応用科学大学(PBSA/HSD)、オランダ・ユトレヒト応用科学大学(HU)、デンマ–ク王立美術アカデミ–(KADK)]

発表作品・プロジェクト

2019   演劇『千年ユニコーン』|映像、東京演劇アンサンブル、シアターグリーン BOX in BOX THEATER、東京
2018   パブリックプロジェクション『open paths』|谷中解放区「柏湯通り」UENOYES バルーン DAYS #2 2018、東京
2018   コンサートにおける映像空間演出『ディスタンスィズ』|東京オペラシティ リサイタルホール、東京
2017   4K映像展示デザイン 雪舟等楊 筆《四季山水図巻》〈国宝 山水長巻〉(毛利博物館収蔵)|山口県立美術館、山口市・山口
2017   パブリックプロジェクション『para || axis』|聖ゲルトゥルトゥ教会、ケルン・ドイツ
2017   映像空間演出『迷宮の森』|「音楽の展覧会: 森をめぐって」、sonorium、東京
2017   映像空間演出『響きの森へ』|「音楽の展覧会: 森をめぐって」、sonorium、東京
2017   映像空間演出『In the Dim Light』|「音楽の展覧会: 森をめぐって」、sonorium、東京
2016   4K映像展示デザイン 雪舟等楊 筆《四季山水図巻》〈国宝 山水長巻〉(毛利博物館収蔵)|山口県立美術館、山口市・山口
2015   4K映像展示デザイン 雪舟等楊 筆《四季山水図巻》〈国宝 山水長巻〉(毛利博物館収蔵)|山口県立美術館、山口市・山口
2015   映像空間演出『迷宮の森』|「音楽の展覧会+ライブコンサート 並置/交差」、東京オペラシティ リサイタルホール、東京
2015   映像空間演出『馥郁たる月の銀色のノート』|「音楽の展覧会+ライブコンサート 並置/交差」、東京オペラシティ リサイタルホール、東京
2014   4K・HD大型映像展示デザイン 雪舟等楊 筆《四季山水図巻》〈国宝 山水長巻〉(毛利博物館収蔵)|山口県立美術館、山口市・山口
2014   映像空間演出『Cyan Blue』|逗子市亀岡八幡宮、逗子市・神奈川
2014   映像空間演出『Pink Gradation』|「平行する交差展: Performative Architecture」 、日本大学芸術学部 江古田校舎中ホール、東京
2014   映像空間演出『Cyan Blue』|「平行する交差展: Performative Architecture」 、日本大学芸術学部 江古田校舎中ホール、東京
2014   映像空間演出『Notation』|「平行する交差展: Performative Architecture」 、日本大学芸術学部 江古田校舎中ホール、東京
2013   ヴィデオ『Notation』|「Showcase #0」、日本大学芸術学部 江古田校舎ギャラリー棟、東京
2010   映像空間デザイン『絵ニ入ル』雪舟等楊筆『四季山水図巻』(毛利博物館所蔵 国宝)|山口市後河原一の坂川多目的広場、山口市・山口
2009   映像空間デザイン『絵ニ入ル』高精細拡大映像による巻子の体験|山口県立美術館、山口市・山口
2007   一の坂川景観プロジェクト『ブリッジング・ランドスケープ―景観に橋をかける』|山口市・山口
2006   映像展示演出『子どものなかの表現の景色』| 第21回国民文化祭美術展プレイベント 、山口県旧県会議事堂(重要文化財)、山口市・山口
2006   高精細映像 雪舟等楊 筆 『四季山水図巻』|山口県立美術館、山口市・山口
2004   パブリックプロジェクション『まだ白く、もう白い』|周防国分寺空間演出プロジェクト、防府天満宮、周防国分寺、防府市地域交流センター[アスピラート]、防府市・山口
2003   インスタレーション『まだ白く、もう白い―視覚をこえて』|「アート夏祭り@旧千川小学校」、豊島区立旧千川小学校、東京
2003   映像空間演出『空間の粒子』| 日本デザイン学会50周年記念大会 テーマ・パフォーマンス、東京藝術大学奏楽堂ホワイエ、東京
2002   パブリックプロジェクション『まだ白く、もう白い―projection for art–Link』|東京藝術大学美術学部、東京国立博物館本館(重要文化財)、寛永寺、東京
1999 『Noch Weiß Schon Weiß – Zwischen Dunkel und Licht[まだ白く、もう白い―暗がりと明りの間に]』|「デジタル・バウハウス – 新世紀の教育と創造のヴィジョン」展、NTT InterCommunication Center、東京
1999 『Trommelkasten[鼓箱]』|「デジタル・バウハウス – 新世紀の教育と創造のヴィジョン」展、NTT InterCommunication Center、東京
1998   映像展示デザイン『Grüne Hölle[緑の地獄]』|Erlebniswelt Nürbrgring Museum[体験世界ニュルブルクリング]、ニュルブルクリング・ドイツ
1998 『Noch Weiß Schon Weiß – Vorstellung eines Raumes[まだ白く、もう白い―ある空間像について]』|Milia 98、カンヌ・フランス
1997-1998   インスタレーション『Noch Weiß Schon Weiß – Über das Auge[まだ白く、もう白い―視覚をこえて]』|「mitteln – räum vor ort」展、ボン美術協会、ボン・ドイツ
1997   アーティストプレゼンテーション 『Only white deep white[まだ白く, もう白い]』| isea 97、シカゴ・アメリカ
1997   映像空間演出『Noch Weiß Schon Weiß – Zwischen Dunkel und Licht』[まだ白く、もう白い―暗がりと明りの間に]』|トリニターティス教会、ケルン・ドイツ
1997   ヴィデオ『Noch Weiß Schon Weiß』[まだ白く、もう白い]|「7. Internationales Bochumer Video Festival」、ボーフーム・ドイツ
1996   企画展示『Noch Weiß Schon Weiß [まだ白く、もう白い]』|「第4回ふくい国際青年mディア・アート・フェスティバル」、福井市・福井
1996   ヴィデオ『Noch Weiß Schon Weiß』[まだ白く、もう白い]|「第4回ふくい国際青年mディア・アート・フェスティバル」、福井市・福井
1996   ヴィデオ『Trommelkasten[鼓箱]』(ケルン市立東洋美術館収蔵)|「Die Klappe, 17 Internationaler TV-Spot-Werbefilm-Wettbwerb und Junior Special」、ケルン・ドイツ
1995   映像空間演出 『Noch Weiß Schon Weiß[まだ白く、もう白い]』|ケルンメディア芸術大学、ケルン・ドイツ
1992   映像音響遠隔転送プロジェクト「The International Mobile Electronic Café」参加、Documents 9 、カッセル・ドイツ/名古屋/福井

企画運営・展覧会図録執筆

2011, 2013-2017  国際交流デザインワークショップ 企画運営・通訳|日本大学芸術学部、ドイツ・ケルン・インターナショナル・スクール・オブ・デザイン(KISD/TH)
2014 「インターセクション・プロジェクト」事業代表|平成26年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」日本大学、東京
2013 「インターセクション・プロジェクト」事業代表、アートディレクション|平成25年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」日本大学、東京
2012 「日藝アーティスト meet 逗子」展 企画運営|「Zushi Media Art Festival 2012」関連企画、日本大学芸術学部A&Dギャラリー・ステージ棟、東京
2006   第21回国民文化祭美術展 プレイベント・ワークショップ 統合アートディレクション |山口市内(山口県政資料館、山口市菜香亭、C.S.赤れんが、山口県図書館、大殿公民館、山口ふるさと伝承センターほか)、山口
2005   日本におけるドイツ年記念 特別講演シリーズ「プロセスとしてのデザイン–ものからプロセスへ」、企画運営・通訳|日本大学芸術学部、東京
2005   芸大コレクション展「資料は繋ぐ―名品と下絵・連作展」主担当・企画運営・図録執筆|東京藝術大学大学美術館、東京
2003 「工芸の世紀」展 運営・図録執筆|東京藝術大学大学美術館、東京
2002 「ウィ–ン美術史美術館名品展」 図録執筆|東京藝術大学大学美術館、東京
2001 「デザインの風」展 運営|東京藝術大学大学美術館、東京
2001 「油画を読む展」図録執筆|東京藝術大学大学美術館、東京
2000   Identity Art Competition 運営・通訳|東京藝術大学美術学部先端芸術表現科、茨城
1997   Tokyo Motor Show アシスタント・アートディレクション・通訳|メルセデス・ベンツ・スタンド 幕張メッセ、千葉
1993   Andreas M. Kaufmann展 運営・通訳|埼玉県立近代美術館、埼玉/佐賀町エキジビット・スペース、東京

ワークショップ

2018 「やなかの道、どこいく道?」 |谷中解放区「柏湯通り」UENOYES バルーン DAYS #2 2018、東京
2018 「映像の光の中に包まれて―ヨガ・メディテーション」|&moment、東京
2017 「Spatial projection: Designing intercultural places」|ケルン・インターナショナル・スクール・オブ・デザイン(KISD/TH)、ケルン・ドイツ
2016 「みんなでつなごうアニメーション」|日本大学芸術学部、所沢市・埼玉
2013   ワークショップ映像展示『ずしまっぷ』|逗子市民交流センター、逗子市・神奈川
2013 「ずしまっぷ」|逗子市久木小学校、逗子市・神奈川
2013 「自分だけの映像&マップ」|逗子市民交流センター、逗子市・神奈川
2010 「きるきるなりきるワークショップ」|山口県立美術館、山口市・山口
2006   ワークショップ展示|第21回国民文化祭美術展プレイベント 、山口県旧県会議事堂(重要文化財)、山口市・山口
2006 「もけいDEやまぐち」|山口県立美術館、山口市・山口
2006 「けしゴムかわらばんをつくろう!」|山口県立図書館、山口ふるさと伝承総合センター、山口市・山口
2004 「周防国空間演出プロジェクトに参加しよう!」|防府市の地域交流センター[アスピラート]、防府市・山口

Copyright © 1997-2019 Tomoko Mukai, All Rights Reserved.